須貝 崇之

Takayuki Sugai

作詞、作・編曲家

14歳の時に家に遊びに来た父親の友人が酒に酔いながら、”お前におれが持つ6本のギターのうち、2番目に悪いやつをやる!”と言われ、目を輝かせて飛びついたのが音楽活動を始めるきっかけとなった。大学在学時にロックバンドを結成し、都内にて5年ほど活動するも2011年にバンドは解散。その後、作・編曲を中心とした音楽クリエイターへ転進する。2013年に御座船安宅丸との出会いがあり、大江戸宴舞劇の立ち上げ時から作詞作曲で関わる。御座船安宅丸とともに新たな帆を張り初陣を飾る。

所属:フリーランス

※アートカンパニーピエロ所属のアーティストではありません